ご飯がパンに?!ゴパンの特徴を調べてみました。

パナソニックから、調理済みのお米(ご飯)でパンを作る事のできる「GOPAN」(ゴパン)と呼ばれるホームベーカリーが初めて誕生したのは2010年。

注文が殺到して生産が追い付かず、発売中止となったこともあるほどの人気でした。

当時、オークションでは未使用品に10万円という高値が付いた事もある「ゴパン」とは、いったいどのような物なのでしょう?詳しくご説明します。

 

ゴパン
photo credit: DSC_0185 via photopin (license)

 

ゴパンとは何?

生のお米からパンを作ることが出来るホームベーカリーです。

簡単に言えば、炊飯器の“パン”バージョン。

機械にお米とグルテン、お水を入れてスイッチを押せば、パンが焼き上がるのです。

焼き上がった“ご飯パン”は、もちもちで非常に美味しい、日本人好みの食感になるのが特徴です。

 

ホームベーカリーとゴパンの違い

通常のホームベーカリーでは、お米でパンは焼けません。

米粉コースがあれば米粉を使用して焼くことは出来ます。

パン作りに慣れている方であれば、米粉コースがなくても作る事は可能です。

また、炊いたご飯を入れてご飯パンを作る事もできます。

しかし、いずれも小麦グルテンか、強力粉を混ぜて作る事が基本となります。

ですから、小麦ゼロのお米パンを焼くには、やはりゴパンなのです。

 

さらにホームベーカリーとゴパンの驚異的な違いは、断然「手軽にご飯パンが焼ける」ということ。

そもそも、小麦は体を冷やす食品なので、健康を考えるのであれば小麦よりお米を多く食べるべきなのです。

その観点から、「ご飯を主流とした食生活をしたい。でもパンも食べたい。」という方に向いているのです。

 

ゴパンの魅力①もちもちと美味しい焼き立てパン

自宅でパンを作って、すぐに食べることが出来るのが一番の魅力。

過去に通常のホームベーカリーを使った事のある方は、出来立てパンの美味しさをご存知かと思いますが、お米で作ることで食感がもちもちと、非常に美味しくなるのです。

 

ゴパンの魅力②小麦アレルギーに対応

ゴパンの基本レシピは、お米に水と小麦グルテンを加えて作ります。

しかし、現在販売されている物には小麦グルテンを使わず、でんぷんを使用出来る物もあるので、まさに小麦アレルギーの方には嬉しいホームベーカリーです。

 

ゴパンの魅力③バラエティ豊かなお米パン

ゴパン1台で、出来る事が沢山あります。

まず、小麦粉から作るパン。玄米や雑穀から作るパン。残りご飯から作るご飯パン。そして白米から作るお米パン。具材を投入することで、バラエティに富んだお米パンに変身します。

さらに、お米からパン生地だけを作れば、調理パンや菓子パンも作ることができます。

さらにさらに、餡子やジャム、うどん、パスタ、お餅、ケーキまで作る事ができるのです。

 

まとめ

体に良いお米を中心とした食生活を考えているパン好きな方には、とても嬉しいホームベーカリーです。

また、色々な焼き立てパンを作ってお友達とのホームパーティや、手作りパンのお土産、子供たちの朝食やおやつにと、その魅力に取りつかれたら用途に限りがありません。

今からホームベーカリーを買おうと思っている方は、あわせて『ゴパン』も検討してみてはいかがでしょうか。

 


 

突然ですが、家計は大丈夫ですか?

子どもが大きくなるにつれて、出費は増えていくので、家計が苦しくなっていませんでしょうか?

我が家は子どもが生まれてから、とても困っていました…。

 

節約して我慢するだけでは大変ですので、収入を増やす方法ということで、子育て中のママでも大きく稼げる副業についてこちらの記事でまとめています。

子育て中でも稼げる!ママの副業おすすめ11選

家族との幸せな暮らしで、我慢ばかりはしたくないですよね。

ぜひこういったものを活用して貯金を増やしておきましょう!

 

 



コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ