もうカビが生えないお風呂場掃除の6つのコツ

家の掃除で、避けたい場所の上位に入るのがお風呂場ではないでしょうか。
一度生えたカビはしつこく、なかなか落とせないものです。
それならば、カビを生えさせないようにしましょう!そうすれば、大変なお風呂場の掃除もせずに済みます。その方法とは?

お風呂掃除
photo credit: Quietscheentchen via photopin (license)
 

1.カビの発生源を断ち切る!

お風呂場には、なぜカビが生えやすいのでしょう。それは、カビの発生源となる要素が揃っているからです。

まずは温度と湿度。温かくて湿度の高い場所には、カビがすぐに増殖します。そのために、お風呂から上がった後はしっかり換気をし、湿気を逃がすことが大切です。また、お風呂中に冷たいシャワーをかけて温度を下げるのもポイントです。

もうひとつ、カビが喜ぶ栄養となる物が、体を洗った際に飛び散る石鹸カス。想像以上に、あちらこちらに飛び散っているため、お風呂場全体をしっかりシャワーで流してから上がるようにしましょう。

 

2.入浴後すぐの掃除

お風呂場の掃除時間に最も良いのは、入浴後すぐ。翌日まで残しておくと、その間にカビはどんどん増殖します。家族の中で、最後に入る人が掃除をして上がることが一番です。このように毎日掃除をすれば、汚れもこびり付くことがなく、一回一回の掃除がとても楽になります。

 

3.放置系洗剤を利用

黒く生えてしまったカビを退治するには、放置系洗剤が便利です。タワシでゴシゴシ擦ってもなかなか取れないカビの根本から、しっかりと退治してくれます。
放置している間は他の事も出来ますし、たったの数分でカビを根こそぎ落とすことが出来ます。週に1回の利用で、しつこいカビが付きません。
放置系洗剤を使用する際には、マスクと手袋の着用と、換気を忘れないよう気を付けましょう。

 

4.換気扇の掃除

意外と忘れられるのが、お風呂場の換気扇。換気扇に誇りや汚れがこびり付いていると、しっかり換気する事ができずにカビが生える原因となります。
高い所なので届かない場合は、旦那さんか専門業者にお願いすることをおすすめします。

 

5.小物の置き場所

シャンプーやリンス等は、どのように置いていますか?子供がいる家庭なら、おもちゃもたくさんあるかもしれませんね。イスや桶等の小物にもカビが生えます。
重曹や洗剤を使って落とすことも出来ますが、できるだけ汚れが付かない状態にしておくと後々の掃除が楽になります。
床や収納棚等に消耗品を置いている場合、ボトルの底はあっという間にヌルヌルに。掃除しようという意識ではなく、使うたびにさっとボトルを洗ったり、イスや桶は風呂釜洗浄をする際に、浴槽に一緒に浸け込めば、細かい部分にもカビが生えにくくなります。

 

6.防カビ燻煙を利用

いくらこまめに掃除をしていても、どうしても手の届かない場所はありますね。高い天井もそうですし、浴槽の下や換気扇の裏側・・・そんな場所にまで、銀イオンの煙が一気に除菌してくれます。2~3カ月に一度の使用でカビの生えにくいお風呂場になります。

 

快適なバスタイムを!

お風呂場はそもそも、リラックスしながらお湯に浸かったり、体の汚れをキレイに洗い流す場所です。そのような場所がカビで汚かったら気分は良くありませんよね。
お風呂掃除が嫌いになる前に、ちょっとしたコツを抑えて清潔なお風呂場を保ち、快適な空間を目指してくださいね!

 



コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ